トールペインティング ともこのひとりごと

トールペイントを楽しんでいる日々を綴っています
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP日記 ≫ 皆さんは大丈夫でしたか?

皆さんは大丈夫でしたか?

大きな地震でしたね・・・
今でもときどき余震があります。
離れているご家族やご親戚などへのご心配、
ご自身も不自由な日々をお過ごしの皆様がいらっしゃるかもしれません。

幸い私の住んでいる地区は今のところ電気・ガス・水道などは止まらずに助かっていますが
同じ県内でライフラインが断たれている地区のみなさんもいらっしゃると思うと心配です。
どうしてあげることもできず、ただただ お怪我などがないことを祈るばかりです。

メールや電話も必要以上にはしないほうが良いなとも思いました。
少し落ち着いたら、きっとお話できますね。


我が家では、たまたま家族全員、家にいたので冷静に行動することができました。

ご近所のおばあちゃまも、とても不安そうに我が家に駆け込んできました。
ご家族がお帰りになるまでの少しの間、H子ちゃんとともに居てもらいました。

実家や姉兄の安否も気にはなっていたのですが、すぐには電話など通じませんでした。
まずは守らなければならない目の前の家族と
ご近所さんとお向かいのお子さんたち・・・
ご家族が帰ってくるまでの間、みんなで声を掛け合って過ごした数時間・・・

お陰さまで身内とは、昨夜電話で少し話すことが出来て、ほっとしているところです。


テレビやインターネットからの情報は勿論、普段から愛用している携帯ラジオが役立ちました。

手動で電源がとれるライトなど、いつでも活躍できるような準備だけはしていたのでそれだけは少し安心。
このライト、携帯も充電できるみたいです。
普段から電池も全て充電式のものを使っているので、とりあえず新たに電池を購入せずに済みます。

後は食べるものを・・・と歩いて行った近所のスーパー
棚から品物はないし、レジには長蛇の列・・・
きっと どこのスーパーも、みんながほしがる物がこのようになくなっているのでしょうね。

職務上、ご自身のご家庭のことよりも皆さんのためにとご活躍の多くの方々に感謝しながら
せめて今の自分に出来る事をして当面の間、超節約モードになりそうです
日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

まだまだ余震が怖いですね・・・
編集
いつかは起こるかもしれないと思っていた大地震、でも、何故いまこの時代に私たちが想像を絶するこの大災害に遭遇したのか・・・
本当に、被害の大きさをみるとただただ愕然とするばかりです。亡くなられた多くの方方のご冥福をお祈り申し上げます。

9年前ごろ今回被害に遭った日本海沿岸を旅したことがありました。入り江が美しい海岸線でした。特に宮古市の浄土が浜は、JRのポスターにもなっていましたが、息を呑むほどの本当に素晴しい景勝地でした・・・

いま、私たちにできること、節電と寄付をしたいと思います。

あの時は、私は友達2人と越谷レイクタウンにいて、地盤がゆるいせいもあり、猛烈な揺れでした。(映画館の天井が壊れたとのことですが)
途中三郷⇒新三郷間は、バスになりましたけど、そのほか約10キロ歩いて帰ってきました。
友達を一緒だったから心強かったですし、3人とも歩きやすい靴を履いていたので、助かりました。
本当に、まだまだ余震が怖いですが、気をつけましょうね。


2011年03月16日(Wed) 14:12
Melodyさんへ
編集
それは大変でしたね・・・
お友達がご一緒で本当によかったですね。
もしも私だったら帰れなかったかも・・・

せめて今は自分に出来ることをしようと思います。
義援金を送るのもいいでしょうね。
まずは身近な募金箱へ心を託してきました。
またあらためて送らせていただこうと思っています。
2011年03月18日(Fri) 09:25












非公開コメントにする